2日目

北京2日目の朝、5:30過ぎ起床の7時ホテル出発!!

c0199399_8204632.jpg









この日は早速万里の長城に向かいました(^O^)/

バスで1時間半くらいはかかったでしょうか。やっと到着。しかし、バスも入口までは

入って行けないので、徒歩で登ります。

c0199399_8251922.jpg


見るもの全てが珍しくて、歩きながらも目はキョロキョロ、カメラのシャッターを押したり、

忙しい(^_^;)

c0199399_8253941.jpg


15分くらい歩くと見えてきました!! みんな登っている~

c0199399_8302423.jpg


「八達嶺」です001.gif

c0199399_829468.jpg


しかし、入口は……人、人、人

c0199399_8333796.jpg


そうなんです。5月1日はメーデー、1、2、3日と中国はholiday だそうで、何処行っても

混雑していました(・。・; 中国の人口の多さを実感致しました。

でも、添乗員さんがいるから大丈夫045.gif  チケットもちゃんと用意してくれているし、

すぐ入れました。中国人は横入りをするというイメージがあったので、横入りされないよう、

しっかり前の人についていました。しかし、今はそれほど横入りをしたりというマナーの悪さは

ありませんでした。

万里の長城は、東から西まで6000Kmを超える長大な城壁、東にずっと向かって行くと、

海にたどり着き、西にひたすら向かうと砂漠につながっているというなんとも想像を絶する

城壁です。

今回の八達嶺の入口からは、女坂、男坂と北、南に向かう道2方向に分かれていました。

女坂の方が景色が良いと教えてくれたので、女坂を選択。すごい人だな~

c0199399_844162.jpg


最初は、ツアーの人と一緒に登っていたのですが、上に登れば登るほど人で溢れかえって

います。気が付いたら、ツアーの方が誰もいなくなっていて、私日本人が1人になってしまい、

周りは中国人に囲まれて、結構恐かったです。それでも北4楼を目指して歩き続けると、

目指している場所がちかくなってきました。

c0199399_8491691.jpg


北四楼直前は、急な階段が待ち構えていて、手すりを使わないと本当に危ない042.gif

北4楼からの眺望(標高858m)

c0199399_8533379.jpg


ここまで来るのに約30分くらい。まだまだ北五、六、七楼……と続き、もう少し登って

みたかったのですが、時間がなくここまでとしました。

自分の足でこの雄大な長城に登れて感激です。

万里の長城からバスで次の場所へ移動。ところが渋滞に巻き込まれてしまい、バスは全然

動きません。私達のバスは朝早くに出たのでまだ良い方だったようです。少しでも遅れて

出発すると、長城に行って帰ってくるだけでその日は終わってしまうようです。

c0199399_9454413.jpg


レンガを置いてあるのをよくみかけました。日本のように、レンガ一つ一つ丁寧に積み上げて

崩れないようにするのに対し、中国のレンガの家は、レンガとレンガの間のセメントに隙間が

あったり雑な感じです。なので地震があるとレンガが崩れてくるようです(・。・;

お昼ごはん↓↓ 点心料理です。

c0199399_972824.jpg


常に円卓を囲みながら皆さんと一緒に頂きます。にらがたっぷり入った餃子など頂きました。

昼食後は「明十三陵」へ向かいます。

バスで20分くらいで着きますと言う添乗員さんの言葉を信じていたら、突然バスは止まり、

またしても渋滞です(@_@;) 全然動く気配がなくなり、窓から外を見ても変わらない風景…

そんな時にすることと言えば。。。。。。

そうです!!!!!   寝るしかありません(笑) 朝も早かったことだし、

気がつけばウトウト014.gif

途中目が覚めましたが、本当にゆっくり、ゆっくり進んでいて後どれくらいかかるか分からず、

また寝るしかありません。

やっと着いて、時間を確認してみると、20分で着く所が、2時間もかかりました(--〆)

c0199399_918277.jpg
c0199399_9181770.jpg


明の皇帝が眠る陵墓地域。地下宮殿に案内されました。

c0199399_9234971.jpg
c0199399_924919.jpg
c0199399_924306.jpg
c0199399_9244834.jpg
c0199399_9252267.jpg


帰り道今度は進むものの、この車。

c0199399_9301718.jpg


片側1車線、対面通行なのに、なぜか2車線になって無理やり走ってみたり、高速道路では

3車線で、路肩の隙間も車が走り4車線になっていたり、北京市内では絶対運転出来ない

と思いました。車の車種は、ドイツ、日本、韓国車が主に走っているようで、アウディをよく

見かけました。

夕飯は四川料理043.gif

c0199399_9345279.jpg
c0199399_9351081.jpg


今回のツアーで食べた中で一番気に入った料理です。とにかく辛い、辛い。

この日はバスに何時間も揺られて少し車酔いをして、食欲がなかったのですが、

無理に食べているうちに、身体が燃えてきて、具合悪かったのが吹っ飛んだのです!!

香辛料のパワーはすごい!! 他の人たちもバスで酔ったようですが、この料理を食べて

みんな復活していました。

c0199399_9402566.jpg


この日はこれにて終了。お風呂に入ってお部屋でゆっくりしました。
[PR]
by aromaprettyrose | 2010-05-07 09:59 | others
<< 巨大宮殿へ 北京 珍道中  >>