日本三景松島

c0199399_17154546.jpg


2日目は松島に向かいました。紅葉のピークは過ぎているものの、一部で綺麗なもみじ

を見ることができました(*^^)v



今回の旅は前もって念入りにネットで下調べをして、タイムテーブル、観光名所をプリント

して持って行きました。

松島に行くのにどの本線に乗ればいいのか、時間も乗れそうなのを予めチェックして

ホテルを出ました。下調べをしているとスムーズに切符も買うことが出来て、路線もすぐ

わかり順調、順調!! まもなくJR来るよと思って改札で待っているときに、ふと、電光掲示

板を見ると停車駅が光っており一応確かめてみると、目的地の「松島海岸駅」がない005.gif

そんな訳ないなと思い、地元の人(?)に聞いてみると停車駅のランプが付いていないと

止まらないと教えてもらいました。再度時刻表を見て見ると、

c0199399_17275317.jpg


「石」と表示されている石巻行きのしか乗り換えなしで行くことが出来ず、1時間に2本くらい。

朝に旦那がこのプリントを見て、「石」「多」「鶴」とか何??と聞いていたけど、私は全部行くと

思って行き先だよ~と軽く流していました。結局乗り継ぎで行きました。

少し時間ロスしたものの着いたら日本三景を見れると思ったらテンション上がりました(^o^)

c0199399_1732172.jpg


観光客がいっぱいいてびっくりしましたが、歩きながらお昼に食べるところを探しました。

c0199399_17342361.jpg

早速、三陸産のお刺身が食べたいのでちらし寿司。ネタも新鮮で美味しい。
c0199399_17343841.jpg


その後日本三景松島湾を一周する仁王丸に乗車。所要時間は50分。

c0199399_17372233.jpg


アナウンスで島の説明があります。松島は200いくつの島があるようで、

4つの穴があいている「鐘島」↓↓ この名前の由来は2つあるようで、1つは、穴からのぞくと

小判に見えるという説ともう一つは、穴の所に波が打ち寄せその音が鐘をついているような

音がすることからこの名前が付けられたそうです。

c0199399_17374636.jpg


「仁王島」↓↓ 仁王様に見えることから。
c0199399_17375939.jpg


c0199399_17441993.jpg


魚釣りをしいている船が出ていてカレイが釣れている様子。後、驚いたのは島に住居が

見えると思いますが、島に生活している人が300人ほどいるようです。

松島湾を巡った後は、お寺巡り。

c0199399_17475829.jpg

杉林を抜けると
c0199399_17481215.jpg


「瑞巌寺」伊達正宗の菩提寺。  一部修復していて見れない箇所があるので、

ここには入りませんでした。

次に向かったのは、円通院。伊達正宗公嫡孫伊達光宗公の菩提寺。

円通院には庭園もありとても心が落ち着く場所でした。

c0199399_18241367.jpg
c0199399_18244352.jpg


ここでのメインイベントは、数珠作り体験です。円通院のHPで見つけて、これだけはしたいと

思っていました。外で旦那を待たせて私は中で体験です。

天然の石を自由に組み合わせてオリジナルのを作ることが出来ます。

c0199399_18353779.jpg


たくさん種類がありどれにしていいか分からなくなったので、旦那を呼び出し一緒に選んで

もらいました。選んだ石を糸みたいのに通していくのですが手がかじかんでいて中々上手く

通せません。旦那が率先してやってくれました042.gif 最後に石の持つ意味も

説明してくれます。

c0199399_1834593.jpg


計画していたものが出来て満足、満足。

最後に五大堂(東北地方最古の桃山建築)を見て

c0199399_18373962.jpg


ホテルへ向かいました。松島温泉です001.gif

c0199399_18431037.jpg


部屋からは松島湾を一望できます。

c0199399_18442476.jpg


温泉に入って楽しみにしていた夕食。

仙台といえばカキ!!

c0199399_18465152.jpg


半生の焼きかき。身が大きくプリッとしていて美味しい003.gif 汁ももちろん飲んで。

c0199399_18502157.jpg


コラーゲンたっぷりのお鍋も出てきました。

松島は半日では見て回れなかったので、また次の日も散策しました。

また明日UPします072.gif
[PR]
by aromaprettyrose | 2009-11-25 19:09 | others
<< 最終日 観光 >>